読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富士三湖 小田原輪行ツーリング

河口湖畔道の駅かつやま10時集合のチームツーリング企画に、ハマーさんが5時江ノ島発自走ツアーというオプションを設定。距離的には300kmには満たないが、往路はそこそこの速度(強度)になりそう。最近はブルベペースでしか走っておらず、どこまでついていけるか不安は残るものの、家庭的に終日時間をもらえたのでオプショナルツアー参加表明。

オプションツアー参加者は私以外にハマーさんとアサジ。5時江ノ島合流だと2時起床となるため、大磯5時半合流を当初は計画。それでも2時半起床で、前日出張帰りに不安がよぎる。必死に調査した結果、新横浜6時発小田原着6時14分着の新幹線輪行は、6時40分に小田原セブン合流が4時45分起床で、かなり現実的と判明。アサジはほとんど睡眠時間なく江ノ島合流らしいが、あっさり小田原合流に変更。


5時に出発し、新横浜駅輪行パッケージ、朝ご飯を食べ新横浜始発のひかり493号に乗り込む。おもいのほか人がいるので驚くが、相変わらずレーパンで乗り込む自転車おじさん。
f:id:Bellus:20160515203233j:plain

6時14分小田原到着。外に出てホイールつけて、輪行袋たたんで国道一号線へ。セブンには予定通り6時35分着。

f:id:Bellus:20160515203244j:plain

国道一号線からは、箱根湯本から宮ノ下交差点を直進。乙女峠を越えて御殿場へ下るルート。ロングの予定にも関わらず、小田原まで1時間半を切るハイスピードできたハマーさんとアサジのエンジンはあったまっており、湯本までのゆるーい上り基調ですでにキツい。車集合組との合流が10時のため、ノンビリ走るわけにもいかず湯本越えてからも二人のハイペースは続く。のぼりに入ると元々脚の差が大きく、あっという間に千切れてしまう。途中待ってもらいながら宮ノ下乙女峠をこなす。ブルベで距離は乗っているものの、推定L3、L4での走行はキツい。ご褒美に御殿場まで一気に下るも、須走経由の籠坂峠は再びずっとのぼり。すでに70kmほど走た二人は御殿場から少しのぼったコンビニで休憩。小田原合流なので40km未満だったし、籠坂峠までで待たせる事を考え、ボトルに水を補給だけして先に出発。須走まで先行したところで二人が追いついてきた。ここでハマーさんお腹の調子が悪くトイレチェックイン。ここでもアサジと二人で先に進んでおく事に。途中まではアサジと二人で籠坂峠を目指す。半分くらいこなしたところで、アサジは自分のペースで先行。僕、ハマーさんと遅れて到着。この段階で約束の10時まで1時間切っており、少し急ぐ必要がある。ハマーさん、おなかの調子がよくない様子。

f:id:Bellus:20160515203309j:plain

山中湖へのくだり、山中湖から富士急への直線下り基調をハマーさん、アサジの強烈なひきでとばす。これだけの時間、高強度で走るのは本当に久しぶり。下り基調なのでなんとか一番後ろでぶらさがっていく。山中湖から河口湖、最終1kmはチームTT状態。最後200mでスプリントと出し切って道の駅かつやま到着。10分ほどお待たせしてしまいました。もうすでに疲労困憊。ここからチームでグルッと80kmほど走る予定。

f:id:Bellus:20160515203320j:plain

少し肌寒さは感じるものの、好天に恵まれサイクリングペースでまずは河口湖を半周。10名を超えるメンバーで車もさほど多くなく気持ち良い。グルッと平坦を走ったところで急にのぼり出現。往路で思った以上に脚が削られていて、マイペースでのぼっていく。西湖湖畔までイメージよりのぼった気がする。

f:id:Bellus:20160515203332j:plain

西湖湖畔のパーキングで休憩。西湖の写真スポットで、チーム員みんな撮影タイム。

f:id:Bellus:20160515203347j:plain

総走行距離と帰宅時間の関係で、西湖を周ったところから自走オプションツアーは折り返し復路へということでチームから離脱。天気が良く、風が涼しく心地よい楽しいサイクリングでした。この時点で11:30くらい。3人ともおなかがすいて食事を取りたいところだが、なかなか程よいお店がなくひとまず道の駅なるさわでコーラと屋台で焼きたての名物おやき。もちもちしておいしい。

f:id:Bellus:20160515203358j:plain

その後富士吉田まで一気に下り、「てっちゃん」で吉田うどんを。安くておいしい。
そして吉田うどんゆえに硬い(笑)。ここでしっかり休息して、復路は山中湖から道志みちを通って宮ヶ瀬湖経由で土山峠を下って246までのルート。

f:id:Bellus:20160515203410j:plain

往路で満喫した山中湖までのくだりを、たんたんとのぼっていく。さすがに往路のような元気はない。山中湖から時計回りで道志みちへのアプローチ。のぼりきればごほうびの道志みちのくだりが待っている。ここはそれほど距離もなくあっという間に山伏トンネル。三人で記念撮影。さすがに睡眠不足のアサジはつらそう。一方、おなかがつらそうなハマーさん、道の駅どうしで待ち合わせと言い残して一気に下っていく。

f:id:Bellus:20160515203422j:plain

どうし道の駅で好物の豚くし焼き+トン汁補給。くだり基調、ハイペースで一気に青野原コンビニまでいってアイス休憩。気温の関係もあるとわ思うが、走行距離150km過ぎたあたりから、往路で感じた足の痛みも消え、すこぶる調子が良い。ブルベで距離だけは走ってきたからだろうか。いつもきついと感じる道志みち最後ののぼりがさほどきつくなかった。(ゆっくりのぼったけど)ここからはチーム連でよく通るルート宮ヶ瀬湖の橋を渡って、土山峠下って246。ふたりと別れて246を渋谷方面へ。19:00過ぎに無事到着。輪行にも慣れてきて有意義な休日となりました。ハマーさん、アサジ、チームのみなさん、ありがとうございました。

f:id:Bellus:20160515205634p:plain

f:id:Bellus:20160515205636p:plain