読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRM311たまがわ200やまゆり

f:id:Bellus:20170312205940j:plain

 初めてAJたまがわのブルベに参加。新コースやまゆり200。鎌倉山、やまゆりライン、ヤビツ峠と走る前から気が滅入る。今年走った3本は、前半の無理がたたって後半潰れるを繰り返しており、今回はひとりなので最後までしっかり走りきる、体力のマネジメントをして時間内完走する事を目標におく。

 

5:20 出発 6:00到着 7:00出発

 

晴れ予報も雲に覆われた朝となり、まだまだ寒い。スタート地点は二子多摩川駅脇の多摩川土手の公園。吹きっさらしでブリーフィングまで、膝を抱えて縮こまる。数名ずつのウェーブスタートのため、出発早々単独走となり多摩川沿いから国道1号線経由で青木橋、関内まで進む。土曜日とはいえ7時すぎて車もそこそこ走っており、都市ブルベの宿命とはいえ幹線国道は本当に走りにくい。

f:id:Bellus:20170312212513j:plain

関内駅を右折して信号峠。ただ、結果的に中村橋までは1度しか信号ストップはなく、ホームタウン八幡橋から16号で六浦中学校入口まで行き右折。チームでよく使う六浦駅をかすめて鎌倉へ抜けるローカルなルートを進む。

f:id:Bellus:20170312212442j:plain

朝から観光客の多い鎌倉駅周辺を抜け、細い道を鎌倉山へ進む。常盤口の信号を見過したものの、すぐ折り返し初めて走る鎌倉山へ。

f:id:Bellus:20170312214133j:plain

いきなり目の前に迫る急坂に、どこまで続くのかとゾッとする。まだまだ知らない嫌なルートはあるものだ。距離はそれほどなく、さほどダメージもなく終える。

f:id:Bellus:20170312214506j:plain

鎌倉山の頂上に、もうそれは素敵な海をの見えるお店があった。とても自転車で行ってレーパンで入れるお店ではない。横を通ることすらはばかれる。

 

10:03 PC1 FM 西鎌倉駅前店

明太子おにぎり咥えながら、すぐ出発。

f:id:Bellus:20170312214545j:plain

腰越橋の信号から134に出るのは初めてで新鮮だった。いつもオーバーペースで失敗の原因になる134号。今日は30km/h弱におさえて走る。後半のヤビツが常によぎる。先月の満喫相模湾300でくたばった小田原セブンイレブンを曲がり、その先のセブンへ。

 

11:43 PC2 セブンイレブン小田原扇町2丁目店

チョコパン

ハムサンドイッチ

コーヒー

 

f:id:Bellus:20170312221053j:plain

ケルビムの参加者と会話しながら、車の多い小田原市街を抜けて広域農道やまゆりラインへ。走りもバイクもスマートな方だった。

f:id:Bellus:20170312221431j:plain

前半の交通量が多いのぼりを過ぎると、のどかな風景がつづく田舎道。ところどころ平坦と緩斜面がおりまざるため、トータルではそれほどきついルートではなかった。あくまでもきつい負荷をかけず、ヤビツにそなえてのんびり走っているからだけど。

f:id:Bellus:20170312221735j:plain

何度かアップダウンを繰り返し、ようやく通過ポイントの震生湖公園入口。通過の証に写真を撮る。湖はどこにあったんだろう?体力をある程度残した状態でヤビツへ向かうことが出来た。イメージより小田原から戻ってきており、すぐに名古木の交差点へ到着。セブンで休憩してからスタート。何度走っても蓑毛まではつらい。速度はガーミン停止音がなるレベルで、5人くらい参加者に抜かれるほど。1時間でのぼれればいいと割り切ってペース乱さず回す。さすがにこのペースだと後半まで維持できる。

f:id:Bellus:20170312221701j:plain

今日はヤビツで達成感満喫。トイレ休憩して、あまりの寒さにウィンドブレーカー着こみ、グローブ二重にして再スタート。この頂上の寒さからすると、裏ヤビツくだるのは寒さが相当厳しそう。工事中箇所もあるため注意しながらくだる。寒いけどながいくだりで楽に距離を稼げる。(笑)

f:id:Bellus:20170312221624j:plain

宮が瀬に戻るころには、体はすっかり冷え切り胃腸も痛み始め危険信号。ただルート的にブルベであることを忘れる走りなれた場所で気持ちは落ち着く。公園通過の際に飛び込んできた豚汁の文字。公園の売店で予定外の休憩。あったまる~。胃腸に痛みはあったものの、前回の反省をふまえ、きりたんぽなどたっぷりの具もすべていただく。

f:id:Bellus:20170312221639j:plain

はじめて猿の家族に遭遇!鳥屋から郵便局、津久井湖回って最後のPCへ。

 

17:03 PC3 セブン 相模原津久井和泉屋

きりたんぽで食欲もなく、チョコをひとつ買ってそのまま再スタート。

 

一気にくだって相模原から尾根幹を端から端まで。省エネ走行に徹した一日だったので、脚は残っており、そこそこのスピードで進む。気付くと6人くらいを曳く列車になっていた。ローテ促すんだけど、微妙にはなれて誰も前出てくれない。そんな状態で多摩川までおりてきて多摩堤道路への曲がり角を間違えたところで、後ろのメンバーをやり過ごして最後尾に。信号でわかれておいてきぼり。まさに使い捨て。(笑)ここから単独でゴールまで行くことに。矢野口から二子玉川までが結構ある。風が強くなりなかなか速度が上がらない。ブリーフィングで聞いていたとおり分かりにくいゴール地点。工事中の行き止まりに行ってしまうなど、10分ほど迷走したのちに無事ゴール。

 

19:50 ゴール (12時間50分)

 

受付の部屋で、二人の参加者から尾根幹で曳いたことのお礼を言われた。6時スタート組の方々で、おかげででぎりぎり時間内間に合ったとのこと。少し心は温まる。(笑)つくづく寒さに弱い体だなーということと、ベースの脚力が弱い。力強さがないと思う。ただ今日は200kmとしては最遅のゴールとなったが、計画どおりの走りが出来たので、よしとしよう。

 

走行距離 228.5km

獲得標高 2463m

平均速度 20km/h